医療脱毛おすすめガイド



医療脱毛おすすめガイドTOP » 脱毛の基礎知識 » 医療脱毛の方法と原理について

医療脱毛の方法と原理について


脱毛を専門機関で行う際には、エステサロンで行う方法と医療機関で行ってもらう方法の2通りがありますが、エステサロンではフラッシュ脱毛を行い、医療脱毛ではレーザー脱毛を行っていきます。

その原理はエステサロン脱毛でも医療脱毛でも同じで、黒い色に反応する光によって毛を焼いていく方法になります。では何が違うのかと言いますと、光の出力が違うのです。

エステサロンでは出力が比較的弱い光をあてていきますので、肌に優しくなりますが、効果は弱くなってしまいます。医療脱毛では高い出力の光を放射しますので、短い期間で大きな効果が得られる反面、肌トラブルにも見舞われやすくなってしまいます。

また毛根までしっかりとダメージを与えてくれますので、永続性が高いのも医療脱毛の特徴となります。またこの出力の高い機械を使うには医師免許が必要となりますので、レーザー脱毛は医療機関でのみ受けることができます。

レーザー1回/秒あたりの照射範囲は直径1cm~1.5cmとなっていて、1分間では照射範囲が60倍となります。レーザーであれば1回でも完全に毛根を破壊することができますので、永久脱毛が出来ます。

しかし1回受けただけだと、受けた際に休止期に合った毛に関しては処理できていませんので、その毛は生えてきます。ですので行う際には毛のサイクルに合わせて、複数回行う必要があります。

同じカテゴリー(脱毛の基礎知識)の記事

医療脱毛を受けるならやっておきたい事前処理とは
医療脱毛の施術がスタートしたら、施術前に予め... 26 views
医療脱毛の副作用とは
医療脱毛の多くはレーザー機器による脱毛施術が... 10 views
医療脱毛と毛の周期について
脱毛の施術の中でも、永久脱毛と呼ぶ事ができる... 9 views


人気の記事ベスト3

医療脱毛中に他の場所にはしごするのは良くない?
医療脱毛中にキャンペーンなどを行っている他の... 119 views
医療脱毛を受けたきっかけは何ですか?
皆さんは医療脱毛(レーザー脱毛)に興味はおあ... 115 views
堂々と水着を着たいと思っていたので(脇の口コミ体験談)
薄着になる季節になるとムダ毛の処理に悩まされ... 101 views

医療脱毛クリニック総合人気口コミランキング

医療脱毛コラム

脱毛体験談