医療脱毛おすすめガイド



医療脱毛おすすめガイドTOP » 脱毛の基礎知識 » 医療脱毛を行うデメリットとは

医療脱毛を行うデメリットとは


美容皮膚科などで受けられる医療脱毛は、脱毛エステサロンの施術に比べてしっかり脱毛が出来ると人気がありますが、メリットだけではなくて当然デメリットも存在します。
まず第一に挙げられるデメリットは肌トラブルの心配です、医療脱毛で使用される医療用のレーザー機器はエステサロンで使われるフラッシュ脱毛器などと比較すると、より強い光で毛根部分を破壊するため、火傷や痛みといった肌トラブルが起こりやすいというデメリットがあります。施術前に充分保冷剤や冷却ガス、痛み止め用の麻酔などを使用して身体への負担を軽くする方法もあるため、肌が弱い人や痛みに弱い人はそれらを利用するのがおすすめです。
また、医療脱毛で上げられる二つ目のデメリットは治療料金の高さです。脱毛エステサロンなどは軒並み料金を定額にして、少しでも多くの患者を呼び込もうとしていますが、医療脱毛を行う美容皮膚科などは健康保険が適用外であるため、治療にかかる費用を丸々全部支払う必要があり、かなり高額な料金を用意する必要があります。
それらのデメリットを理解した上で、メリットと比較して自分に医療脱毛が合っているかどうかを冷静に判断してから治療に踏み切ることが大切です。

同じカテゴリー(脱毛の基礎知識)の記事

医療脱毛を受けるならやっておきたい事前処理とは
医療脱毛の施術がスタートしたら、施術前に予め... 26 views
医療脱毛の副作用とは
医療脱毛の多くはレーザー機器による脱毛施術が... 10 views
医療脱毛と毛の周期について
脱毛の施術の中でも、永久脱毛と呼ぶ事ができる... 9 views


人気の記事ベスト3

医療脱毛中に他の場所にはしごするのは良くない?
医療脱毛中にキャンペーンなどを行っている他の... 119 views
医療脱毛を受けたきっかけは何ですか?
皆さんは医療脱毛(レーザー脱毛)に興味はおあ... 115 views
堂々と水着を着たいと思っていたので(脇の口コミ体験談)
薄着になる季節になるとムダ毛の処理に悩まされ... 101 views

医療脱毛クリニック総合人気口コミランキング

医療脱毛コラム

脱毛体験談