医療脱毛おすすめガイド



医療脱毛おすすめガイドTOP » 脱毛の豆知識 » 医療脱毛と多汗症の関係について

医療脱毛と多汗症の関係について


わき毛に対して医療脱毛を行った後に多汗症になったという人がいますが、これには関係性があります。
まず、医療脱毛でわきにレーザーを照射した際に汗腺が刺激を受けてしまい、活動が活発になり、多汗症になることがありますが、これは一時的なものと考えられています。
しかし、多汗症が継続すると感じる人もいます。これには別の要因があります。医療脱毛を行うことでわき毛の数が減ります。わき毛が減るということは、量は少ないですが、それまでわき毛に吸収されていた汗がそのままになってしまうため、汗の量が増えたように感じます。また、わき毛がなくなったことにより、わきを意識しやすくなり、これまでと同じ量の汗でも気になるようになります。これが精神的な負担になることで、精神的多汗症を引き起こします。精神的多汗症になると、その汗をまた意識して負担になってしまうため、症状が継続することになります。
これを避けるには、わきをあまり意識しないようにすることが適切です。もし精神的多汗症になってしまった場合には、ボトックス注射で発汗を抑えることができます。この効果は一時的なものですが、発汗が抑えられることでわきへの意識が薄くなり、注射の効果が切れてからも発汗量に改善が見られることもあります。

同じカテゴリー(脱毛の豆知識)の記事

生理中の医療脱毛の注意点
生理中は、医療脱毛を受けることはできません。... 56 views
医療脱毛と剛毛化について
医療脱毛に限ったこととは言えませんが、脱毛を... 25 views
医療脱毛と多汗症の関係について
わき毛に対して医療脱毛を行った後に多汗症にな... 18 views


人気の記事ベスト3

医療脱毛中に他の場所にはしごするのは良くない?
医療脱毛中にキャンペーンなどを行っている他の... 119 views
医療脱毛を受けたきっかけは何ですか?
皆さんは医療脱毛(レーザー脱毛)に興味はおあ... 115 views
堂々と水着を着たいと思っていたので(脇の口コミ体験談)
薄着になる季節になるとムダ毛の処理に悩まされ... 101 views

医療脱毛クリニック総合人気口コミランキング

医療脱毛コラム

脱毛体験談