医療脱毛おすすめガイド



医療脱毛おすすめガイドTOP » 脱毛の基礎知識 » 医療脱毛の副作用とは

医療脱毛の副作用とは


医療脱毛の多くはレーザー機器による脱毛施術が主流となっており、フラッシュ方式より強力な効果が期待できると同時に針脱毛のように極端な痛みを感じる事も基本的にはありません。
しかし、全く副作用が存在しないというわけではなく、医療脱毛においても肌へダメージを与えてしまう可能性が考えられる点には十分注意して扱わなければなりません。
まず、医療脱毛で用いるレーザー機器は、ムダ毛が持つメラニン色素に反応して熱エネルギーを吸収させるような仕組みとなっており、ほくろやシミ・日焼け肌のように皮膚そのものがメラニン色素を多く含んでいる状態においては施術を受ける事自体が困難となります。
また、正常な肌状態であってもレーザーの強力さ及び毛穴に蓄積された熱が肌に影響しやすく、皮膚の広範囲が熱を帯びたり赤みも生じる傾向を持つので、特に乾燥肌と肌荒れ対策はしっかり行っておく事がポイントです。
これらの症状は軽度なものであれば時間の経過と共に自然治癒する性質があるものの、症状が出ている間は刺激に対して敏感となる他、極稀に副作用として後から肌状態が悪化していく事例も存在するので、施術後の数日間は様子を見ておき、悪化したらすぐに医師の診察を受ける選択が大切と言えます。

同じカテゴリー(脱毛の基礎知識)の記事

医療脱毛を受けるならやっておきたい事前処理とは
医療脱毛の施術がスタートしたら、施術前に予め... 26 views
医療脱毛の副作用とは
医療脱毛の多くはレーザー機器による脱毛施術が... 10 views
医療脱毛と毛の周期について
脱毛の施術の中でも、永久脱毛と呼ぶ事ができる... 9 views


人気の記事ベスト3

医療脱毛中に他の場所にはしごするのは良くない?
医療脱毛中にキャンペーンなどを行っている他の... 119 views
医療脱毛を受けたきっかけは何ですか?
皆さんは医療脱毛(レーザー脱毛)に興味はおあ... 115 views
堂々と水着を着たいと思っていたので(脇の口コミ体験談)
薄着になる季節になるとムダ毛の処理に悩まされ... 101 views

医療脱毛クリニック総合人気口コミランキング

医療脱毛コラム

脱毛体験談