医療脱毛おすすめガイド



医療脱毛おすすめガイドTOP »  脱毛部位

脱毛部位

医療脱毛は光脱毛やレーザー脱毛などを行います。この脱毛方法は、ひざ下の脱毛と相性がよいのです。 細い毛はレーザー脱毛や光脱毛の場合...

以前はビキニラインの脱毛はVラインをきれいに整えるというものでしたが、今はIラインやOラインもきれいにする時代となっています。こう...

顔の皮膚は薄くて非常にデリケートです。シミやしわができやすいことからも分かるように、少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。そのよ...

医療脱毛とvio脱毛の相性は抜群です。 医療脱毛というのは、レーザー脱毛が主流となっているのでレーザーを照射することによって毛根に...

効果だけで決めてはダメ!エステ脱毛も医療脱毛も部位との相性が大事

近年若い女性を中心に、エステサロンや美容クリニックなどで受けられる、専門家の手による脱毛が大きな人気を得ています。エステサロンや脱毛サロンなどで受けられる脱毛と、美容クリニックなどの医療機関で受けられる脱毛にはその方法に違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の体質やニーズに合った脱毛法を選ぶことが肝心です。

医療機関で受けられる医療脱毛の大きな特徴は、高出力のレーザー脱毛機器を使用しているという点です。そのためムダ毛の毛根部分に与えられるダメージがエステでの脱毛と比べて大きいので、その脱毛効果が高くなるというメリットがあります。その反面高出力であるということは、それだけ脱毛時に感じる痛みが強くなってしまうという問題が生じる恐れにつながり、脱毛を受ける部位によっては医療脱毛との相性の良し悪しもあるのです。

医療脱毛は一度に広い範囲をスピーディーに脱毛できるという利点があるので、背中や脚、腕のように面積が広く、肌がそれほど敏感ではない部位とは相性が良いと言えます。
逆の医療脱毛との相性が良くないと言えるのは顔や陰部周辺のように、肌が敏感で痛みを強く感じやすい部位です。これらの部位は万が一レーザーによってやけどなどの問題が生じると大変なので、エステでの脱毛の方が相性が良いと言えるでしょう。
医療脱毛クリニック総合人気口コミランキング

医療脱毛コラム

脱毛体験談